事前調査や入居体験などを体験してみる

施設の見学をしておく

まず大前提として、施設の見学はしっかりと行うようにしましょう。
室内だけでなく、エントランスや庭なども、要チェックしておくようにしましょう。
また、近くにスーパーや郵便局などがあるかどうか、そちらも合わせて確認しておくようにしましょう。

空き数を確認しておく

現在、どれぐらいの部屋が空いているのか、そこも確認しておくようにしましょう。
空き数が少ないと、見学時は空いていても申し込みの段階で満室になる可能性もあるのです。

複数の施設を見て回る

施設ごとの比較をするためにも、必ず複数の施設を見て回るようにしましょう。
その上で、よりメリットの多い老人ホームを選ぶなど、自分に合ったところを申し込むようにしましょう。

実際に入居する前に体験入居をしてみる

多くの有料老人ホームでは、実際に入居をする前に体験入居をすることができます。
したがって、まずは最初に体験入居をしてみて、その上で実際に入居をするかどうか決めるといいかもしれません。

見学だけでは分からないことも多い

もちろん、申し込みをする前には、施設を何度も見学することにはなると思います。
ただ、どうしても見学だけでは分からないことも多いですし、住んでみて初めて分かることも多いわけです。
だからこそ、まずは体験で入居をしてみて、不自由に感じることはないか、快適に過ごせるかどうかをチェックすることが大事なのです。

正式に申し込むと簡単には解約できない

一度正式な申し込みをしてしまうと、そう簡単には解約ができなくなってしまいます。
すぐに解約をすると、多額のキャンセル料が発生してしまうので、よく考えた上で申し込みをしないといけないのです。
最終的な判断材料として、体験入居は大いに活用できるわけですし、不安なく申し込みをすることができるのです。

▲PAGE TOP
Copyright(c) 2017 Haile Gebrselassie All Rights Reserved.