住宅型の有料老人ホームのシステムについて

基本的には外部に依頼をする

住宅型の有料老人ホームで暮らす場合は、基本的に介護サービスは外部で依頼することになります。
例えば、普通に生活をするのは一人でできても、通院をする場合や部屋の掃除をする場合などに、介護が必要なケースもあるわけです。
そういった時にだけ、介護サービスを利用するので、施設に入居する場合に比べると、かなり費用を抑えることができます。

自分で一通りできる必要がある

住宅型の有料老人ホームに入居する場合は、当然ですが自分で一通りのことはできる必要があります。
問題なく歩くことができて、問題なく食事ができることは最低条件だと言えます。
基本的に介護認定を受けていないことが条件にはなるのですが、近年は認定を受けていても問題ないと判断されれば入居できるケースも増えています。

どのようなメリットがあるのかを検証してみた

老人ホームの中でも、近年は住宅型のタイプがかなり需要が高まっています。今後住宅型の老人ホームには、どういったメリットがあるのでしょうか??

必要な時だけ依頼することができる

施設を利用する場合と違い、住宅型の場合は必要な時だけ介護を依頼することができるのです。
したがって、介護費用を大幅に抑えることができるわけです。
例えば、普段は元気な人でも入浴だけは誰かにサポートしてもらう必要がある、通院の時は一人では厳しいなど、特定の状況の時だけ介護をお願いすることができるのです。

ある程度自分のペースで生活ができる

施設の場合は、常に世話をしてもらえるメリットはありますが、人によってはそれが少し煩わしく感じてしまうかもしれません。
住宅型であれば、ある程度は自分のペースで生活をすることができるので、そういった生活が好きな人にもオススメできるのです。

注意すべき点もあるスタッフ

ただ、住宅型の有料老人ホームは、どうしても常駐スタッフの数が少ないので、緊急時の対応が遅れてしまうこともあるのです。

▲PAGE TOP
Copyright(c) 2017 Haile Gebrselassie All Rights Reserved.