特別養護老人ホームに入居するためのポイント

特別養護老人ホームの利点は

特別養護老人ホームは、先程も言いましたが常に介護が受けられる利点もありますが、それ以外にも費用が安く済むという利点もあります。
国と自治体から補助金が出ているため、食費であったり介護費用が低めに抑えられているのです。
また、所得の少ない人は申請をすれば、費用を減額してもらえるシステムもあります。

入居条件は厳しい

ただ、特別養護老人ホームに入居するためには、介護認定を受けていることは前提条件ですが、その中でも特に必要性の高いと判断された人が、優先的に入居できる仕組みとなっているのです。
したがって、どうしても入居できるまでに時間がかかってしまうケースも多く、場合によっては2年や3年以上待たないといけないこともあるのです。

順番待ちは想像以上に長くなるケースもある

老人ホームでは、少なからず順番待ちを要するところがあります。やはり、近年は高齢化が進んでいますから、すんなりと入居できるとは限らないのです。

通常の有料老人ホームは入居できても

もっとも、基本的に介護サービスのない通常の有料老人ホームであれば、よっぽどのことない限りは短期間で入居することができるでしょう。
しかし、介護サービスを提供する、特別養護老人ホームとなれば、想像以上に長い期間順番を待たないといけないケースも多いです。

どうしても入居希望者は多くなる

特別養護老人ホームは、介護サービスがあるだけでなく、介護費用もかなり低く抑えられているので、どうしても入居希望者は多くなるのです。
そうなれば、当然ですがすぐに定員に達してしまい、順番待ちを余儀なくされるのです。
しかも、介護を必要とする人の中でも、介護度の高い人が優先的に入居できる仕組みとなっているため、介護度が低い人は何年間も待たないといけない可能性もあるのです。

▲PAGE TOP
Copyright(c) 2017 Haile Gebrselassie All Rights Reserved.